講義形式で体系的に研修

社員研修を行う目的や意義などを明確化させる

社員研修を行う場合は、目的や意義などを明確化させる必要性があります。そのためには、講義形式で頭に叩き込むのが効果的であり、目的にあった論理的な考えを整理する必要性もあるでしょう。

体系的に研修を行うためには、2つの要素を押さえておかなければなりません。1つは、企業全体として歩みべき方向性の目的です。例えば、社会の認知力を高める目的や、好印象を持ってもらう目的などです。地域に密接する様な企業の在り方なども挙げられるかもしれません。もう1つの要素は、現状を把握する必要性です。目的と現状を明確化すれば、本格的に取り入れるべき社員研修の内容が自ずと見えて来ます。

自社の姿は、客観的な視点から見えづらい場合もあるでしょう。市場調査や分析能力の高い、外部の指導者を招きいれるのが最適であり、企業に新たな価値観を与えてくれるはずです。

体系的に行う社員研修は、自身の立場が見えてくる

体系的とは、組織的、システム的など全体像から見る考え方を表した言葉です。各々の社員は、例えるならば会社の部品であり、組織としての全体像が見えにくい立場にあるでしょう。 講義による体系的な社員研修は、全体像から各々の立場がよく見えて来る場合もあるはずです。講義内容によっては、会社内だけの視点では無く、社会全体からの視点で講義を行ってくれる場合もあります。そのため、会社内での自身の立場のみならず、社会全体から見た自身の立場についてより把握できる場合もあるはずです。 人の成長とは、一度に全てのノウハウが身につくものではありません。そのため、体系的な社員研修の中には、人の成長を段階的に高めて行く様な形として、長く継続的に行うサービスを提供している場合もあります。この社員研修を受ければ、成長における自身の立場もより良く見えて来るはずです。

販売の研修は、ビジネスマナーやセールストーク、陳列など毎日の仕事に直結する基本的なスキルを習得することができます。